【最新版】おすすめのランドセルメーカー(ブランド)厳選5選!高品質な工房系・大手メーカーまでをまとめて比較!

【最新版】おすすめのランドセルメーカー・人気ブランドを厳選比較で紹介します!

今どきのランドセルは昔とは違い、デザインが豊富でブランドもより意識されていることから、ランドセル選びはどんどん難しいものとなっています。またメーカーごとに機能性も異なるので、比較すると、どれを重視すべきか悩んでしまうかもしれません。

ここでは、ランドセルの選び方を解説するとともに、おすすめのランドセルメーカーを紹介させていただきますので、お子さんのランドセル選びでお悩み中のお父さん・お母さんは、ぜひご覧になってください。

ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選!

池田屋の画像1
壊れた理由は問わない無料の修理保証あり!

池田屋のランドセルは、全モデルが「ハイブリッド構造」となっています。牛革と人工皮革、2つの特徴を兼ね備えた「軽さ、丈夫さ、防水力の高さ」が強みです。

また飽きの来ないシンプルなデザインを重視し、劣化しやすい刺繍のあるものは商品化していないので、高品質なもののみを取り扱っているランドセル工房となっています。さらに6年保証で、壊れても無料で修理・交換に応じています。

池田屋の基本情報

シリーズ ・防水牛革シリーズ
・ベルバイオシリーズ
・クラリーノシリーズ
・防水コードバンシリーズ
・カラーオーダーシリーズ
・別売りパーツシリーズ
店舗 ・銀座店
・横浜みなとみらい店
・清水店
・静岡店
・浜松店
・梅田店
・博多店
会社概要 【社名】
株式会社 池田屋
【本社所在地】
静岡県静岡市葵区呉服町1-30 札の辻クロス 103
フィットちゃんの画像1
製造本数No.1! ランドセルメーカーの大手

ハシモトのランドセル事業「フィットちゃん」は、東京商工リサーチで、国内製造本数No.1のランドセルメーカーに選ばれています。フィットちゃんランドセルは、肩ベルトに工夫が凝らされており、25°の角度を作ったことで、軽さと背負いやすさを実現しました。

また、お子さんの身の安全を守るため、暗い道で光る素材や、電車の扉などに荷物が挟まれても、強い力で外れる側面フックも、いざというときに活躍します。

フィットちゃんの基本情報

シリーズ 女の子向け、男の子向けそれぞれに16種類のシリーズがある他、「安ピカッランドセル」「楽ッションランドセル」「オーダーメイドランドセル」「アウトレットランドセル」などのシリーズがある。
店舗 ・「フィットちゃんショールーム」が全国に12店舗ある。
・その他、全国数多くの店舗で取り扱いあり。
会社概要 【社名】
株式会社ハシモトBaggage
【本社所在地】
富山市北新町1丁目2番25号
セイバンの画像1
小児科医100名のうち98人が推奨!

セイバンの「天使のはねランドセル」は、100人中98人の小児科医が推奨し、マザーズセレクションでも大賞を受賞するなど、多方面の機関で、その功績が称えられています。暑い夏でも快適な「背中通気構造」や「ブレスレザー」によって、背中のムレは感じにくくなっています。

収納力にも優れ、また「ワンタッチオートロック」によって、締め忘れを防ぐこともできるでしょう。

セイバンの基本情報

シリーズ ・モデルロイヤル
・モデルロイヤル・レジオ

・ユアメイト
・コレクションクラシック
など
店舗 ・直営店が11店舗存在。
・全国に取扱店舗多数。
会社概要 【社名】
株式会社セイバン
【本社所在地】
兵庫県たつの市龍野町片山379-1
土屋鞄の画像1
下町の職人たちが仕上げる本物のランドセル!

土屋鞄では、ずっと愛せる品のあるランドセルを製造しており、素材の開発者や職人たちの優れた力が集まることによって、飽きの来ないランドセルを生み出し、スタッフ一同が心をひとつにして、ランドセルづくりに取り組んできました。

負担がかかりやすい、肩ベルトの付け根部分は、手縫いでさらに補強を加えており、糸自体にもロウが塗られているので、より耐久性のあるランドセルを作り上げることに成功しました。

土屋鞄の基本情報

シリーズ ・ベーシックカラー
・ベーシックカラープラス
・アンティークモデル
・プレミアムカラー
など
店舗 ・全国に合計15店舗展開。
会社概要 【社名】
株式会社 土屋鞄製作所
【本社所在地】
東京都足立区西新井7-15-5
鞄工房山本の画像1
コンクールで多数の受賞歴ありの老舗工房!

鞄工房山本は、工房主が自身の子どもにランドセルを作ることで、高品質なランドセルを商品化させた、子どもたちへの思いを込めた仕事をするランドセル工房です。

先代から今もなお、革の型入れ・裁断・仕上げの全工程を、奈良の工房にて一貫製造体制で行っており、ほとんどのランドセルが修理の必要なく、6年間を無事に終えることができる耐久性を実現しています。もちろん、故障した場合も、修理に応じています。

鞄工房山本の基本情報

シリーズ ・レイブラック
・ラフィーネ
・アンティークブロンズ
・グレースシルバー
など
店舗 ・奈良本店
・銀座店
・表参道店
会社概要 【社名】
株式会社鞄工房山本
【本社所在地】
奈良県橿原市南浦町899

ランドセルは単純にデザインや機能性だけでなく、ほかにも選ぶうえで重要なポイントがいくつかあります。男子と女子というだけでも、それぞれの需要は異なるでしょう。6年間お付き合いする大事なものなので、選び方を整理して、納得のいくランドセルを手に入れてください。

【ラン活】ランドセルはいつ購入するのがベスト?



「入学式はまだ先だし、ランドセルを買うのはもうちょっと待ってもいいよね」と、のんびり構える人がいれば、「いいものだったらすぐ売り切れになるかもしれないし、早めに買っちゃおう! 」という転ばぬ先の杖の人もいるでしょう。

しかし実際のところ、ベストな購入時期というのはいつ頃なのでしょうか? また購入がピークになるタイミングも、チェックしなければなりません。以下では、ランドセルの購入を控える家庭の、「ラン活」について詳しく説明させていただきます。

「ラン活」ってなに?

ラン活とは、小学校入学を控えている子どもの、ランドセルを厳選し、購入する動きを指すもので、少子化でランドセルを購入する家庭は減っているかと思いきや、近年はこのラン活が、小学生になるお子さんを持つ保護者の間で、定番となってきました。

このラン活が激化した背景には、その少子化が一因になっていると考えられています。というのも、子どもが少ないことにより、子ども一人への出費が必然的に増え、いいランドセルを買おうという風潮が強まっているためです。

ランドセル購入時期のピークって?

ラン活は、 GWのある5月頃がピークとなっており、5~6月の時点でおよそ35%以上の世帯が、ランドセルを購入しています。

夏休みが終わる頃には、新作や人気モデルは軒並み売り切れという状態が目立ち始め、毎年発売される定番商品もまた、品薄となる時期になっています。こだわって選ぶのであれば、あまり遅れをとらないようにしましょう。

もっともおすすめの時期は?

結局のところ、ランドセルはいつ頃買うのがベストなのでしょう? ちょうどいい時期と、早めに購入することにメリット・デメリットはあるのかも、気になるので説明させていただきます。

ベストな購入時期は5~8月頃

ランドセルは、 5月に入ると魅力的な商品が出揃っており、お目当てのものが手に入りやすくなっているでしょう。

また、5~8月頃は、メーカーや工房などが展示会を開催するシーズンでもあるため、実物を確認できるチャンスでもあります。在庫もまだ充実している時期なので、実際に試着して、しっかり馴染むか吟味することもできるでしょう。

早めに購入するメリット・デメリット

これまでの情報を踏まえると、4月以前の時点で買ってしまった方が選びやすいのでは? と考える方もいるでしょう。しかしあまりに早くからラン活を始めるのは、メリットだけでなくデメリットも伴います。

まずメリットは、発売時期が早いランドセルだと、ほぼ購入確実となるでしょう。限定生産のランドセルも、この時期だと在庫に余裕があります。また、メーカーにもよりますが、早期購入割引に応じていることもあるでしょう。

しかしデメリットもあり、4月以前だと、入学年のラインナップは充実していません。そのため、5月前の時点のラン活は、ランドセルの選び方を予習して、本番に備えておくことが重要でしょう。お子さんの好みを聞いたり、予算も見積もったり、カタログやメーカーのホームページから情報収集するといったことも、ラン活の重要ポイントです。

世の親御さんは、かなり真剣にラン活に取り組んでいることが、ご理解いただけたことでしょう。購入ピークを意識したうえで入念に準備し、ベストタイミングが来たらすぐに行動に移せるようにしてください。


・ランドセルの購入ピークの5月までには情報収集しておこう!

【ランドセルメーカー(ブランド)の種類】おすすめはどれ?



皆さんはランドセルと聞いて、どこで売っているのを想像するでしょう? 大抵の方は、百貨店に売っている状況を思い浮かべるかもしれませんが、ランドセルメーカー(ブランド)自体は、大手・専門メーカーもあれば、流通系メーカーに、工房系メーカーもあったりと、ジャンルがいくつかに分かれています。

ここでは、ランドセルメーカーのそれぞれの特徴を説明させていただきますので、どんな違いがあるのか、詳しく見ていきましょう。

大手・専門メーカー

CMなどでもしばしば目にする、ランドセル専門の大手メーカーは、ランドセルを販売してきた中で実績やノウハウを圧倒的に多く積んでおり、ランドセル自体も、耐久性があるものを製造しています。

素材は人工皮革ベースのものが主流で、基本的に工業用ミシンによって製造されているため、生産量も多いので、ピークを過ぎても買えるチャンスは残っているでしょう。かつ、購入しやすい値段設定となっているため、総合的なバランスがよく、どの商品を選んでも、大きな失敗をすることは多くありません。

流通系メーカー

百貨店などの流通系メーカーが手がけているランドセルは、さまざまなニーズに応えており、種類が豊富なのが特徴です。安価なものから高級品まで幅広くそろっており、百貨店などに買い物ついでに買えるという手軽さも、魅力となっています。

ただし値段によって良し悪しがはっきりしているので、安物を選ぶと、失敗しやすいことが懸念されるでしょう。基本的には、実際に見て・試着して買いたい、あるいは安く買いたいという場合に、おすすめです。

工房系メーカー

ここまでの流れだと、CMや行きつけのお店で見かける上記2種類のランドセルと違い、工房系のランドセルは、そのように目にする機会が少ないため、もっともイメージが湧きにくい種類になるかもしれません。

工房系メーカーが、ほかのメーカーにない需要としては、人の手で作られているため、ブランド価値があるという点にあります。主な素材についても、本皮(牛革・コードバンなど)が使用されており、値段は高めですが、オンリーワンのランドセルを手に入れることができるでしょう。

おすすめは工房系メーカー

メーカーのタイプによって、メリットは異なりますが、ランドセルを手間ひまかけて製造する工房系メーカーは、製品自体の取扱数が限られています。早い段階で売り切れてしまうため、ほかの小学生とかぶらないランドセルを手に入れるのであれば、工房系メーカーだと満足できるランドセルを手に入れることができるでしょう。

工房系メーカーのランドセルは、流行り廃りに流されやすいデザインが出がちなほかのメーカーとは異なり、シンプルでクラシカルなデザインが主流で、長年愛せるデザインのランドセルを製造しています。

なお、生産数が少ないということは、早々に売り切れてしまうことが考えられるので、なるべく早めにチェックし、選択肢を絞っておきましょう。

ランドセルメーカー(ブランド)には、種類ごとに傾向がありますが、6年間使うものなので、普遍的なデザインのものだと、お兄さん・お姉さんになってから一層、より愛せるランドセルになるのではないでしょうか?


・工房系なら使い込むほど愛着が湧く一品が手に入る!

【男の子・女の子別】流行りのランドセルって?



その年ごとのトレンドが表現されるランドセルには、人気の漫画をモチーフにしたものもあったりと、近年はその選択肢が、どんどん広がりを見せてきました。ここでは、流行りのランドセルについて、男の子と女の子別に解説したいと思います。

男の子編

ファッションにおいても同じことが言えますが、男の子は女の子よりもカラーバリエーションが少なく、お母さんの中には、ランドセル選びに気が乗らないという意見も少なくありません。しかし実際は、黒以外にも人気カラーが豊富にあるので、最新トレンドのカラーやデザインをチェックしましょう。

黒に近いカラーも人気!

また、近年は黒に代わって、濃いダークな色合いのネイビーやダークグリーンといったカラーも流行り、現在ではすっかり定番となってきました。地域にもよりますが、黒と人気が半々のところもあるのだそうです。

クラシカルなブラウンカラーでおしゃれに!

男の子は、ダーク系のランドセルが主に人気ですが、キャメルやチョコといったブラウンカラーを取り扱うメーカーも、今では珍しくありません。この系統のカラーは、SNSに息子さんがランドセルを背負っている画像をアップしているケースが、よく見られます。

バイカラーが人気

また、ツートン、バイカラーなどの2色使いも、どんどん需要が伸びています。主に黒や紺で構成されたものが人気で、ほかにもステッチやヘリにだけ青や赤を施したデザインも、定番化されました。

女の子編

女の子のランドセルの定番カラーは、赤でしたが、近年はチェリーピンクといった、濃いピンク系のカラーが流行りました。赤系統なので、取り入れやすい色だったのも大きな要因と言えるでしょう。

シックなカラー

女の子向けのランドセルでも、シックなカラーが定番化しており、中でもブラウンやネイビーなどが人気となっています。キャメルは男女ともに人気で、現在はどちらも定番のカラーとなっています。

水色系がどんどん進化

幼稚園くらいの女の子向けのアニメは、テーマカラーを持つキャラクターが多いため、そのカラーをランドセルメーカーが取り入れることも珍しくありません。昔であれば男の子向けとして販売されそうな水色も、アニメの影響で女の子向けに開発されたランドセルが販売され、ミント系のカラーなどが流行りました。

大人っぽい紫色

また、ここ数年は、紫色が基調のランドセルも人気が高まりつつあって、親御さんからはダーク系の紫の需要が高い一方で、お子さまからはラベンダーなどのパステルカラーが好まれています。ピンク系よりもお姉さんらしさを実感できますし、またこちらもアニメの人気が影響を与えているようでした。

女の子もバイカラーなどの2色使いが人気

近年は 2色使いのランドセルが、各メーカーから数多く販売されてきました。濃淡がハッキリした色使いにすることで、個性的で人とかぶりにくいデザインに仕上がっています。

女の子のランドセルは、憧れのアニメヒロインなどの影響を受けやすく、流行りの影響が顕著に表れますが、男の子の人気カラーは、シンプルなものが好まれている傾向です。以上の人気傾向をしっかり把握し、お子さんと相談してランドセルを選んでいきましょう。


・子どもの個性を尊重して親子で納得できるランドセルを選ぼう!

ランドセルの料金相場って?



いざ、「ランドセルを購入しよう! 」と思って調べたものの、値段がピンからキリまであり、どのくらいのものを買えば後悔しないのかわからない、という親御さんも多いのではないでしょうか。実際ランドセルは、最安でも1万円以下のものから、10万円までするものもあり、値段ごとに品質が違うというのも間違いではありません。

少なくとも多くのランドセルに言えるのは、3万円以下のものだと壊れやすかったり、背負いにくかったりといったデメリットがあるので、安物買いの銭失いとならないように、どんなに厳しくとも4万円以上の商品を購入するようにしてください。

このような背景もあってか、ランドセルの料金相場は、以下の順になっています。

1位:5~6万円
2位:4~5万円
3位:6~7万円
4位:4万円以下
5位:7~8万円

ピンからキリの、中間の料金が主に購入されていることが、おわかりいただけるでしょう。

ちなみに10万円以上のランドセルもあるにはありますが、ランドセルメーカー以外にも、大手スポーツカーメーカーや、海外の老舗ファッションブランドによる品なども台頭してきています。一見よさそうに思えますが、値段の割に性能がよくなかったり、見た目が奇抜で盗まれたり、最悪いじめや誘拐に繋がるリスクが懸念されるでしょう。

とはいえ安物だと、見た目からしても安っぽくなってしまい、また壊れやすく、肩が痛くなってしまったり、カビが生えたりすることもあります。そのためランドセルは、あくまでランドセルメーカーから出たもので奮発した方が、基本的にいいものには出会えるでしょう。

また、ランドセルメーカーの高級ランドセルを選ぶ親御さんには、子どもの成長を考え、耐久性や体の変化に強いと判断し、購入される方が多いようです。


・余裕があれば専門メーカーの高性能な高級ランドセルを買おう!

ランドセル・メーカー(ブランド)選びのポイント



それではランドセル、およびメーカー(ブランド)を選ぶうえで、こだわるべき部分は、一体どういったところにあるのでしょう? 最低限チェックして欲しいポイントを、以下にまとめました。

デザイン

ランドセルのデザインをチェックした方がいいということは言うまでもないでしょう。ただし一言にデザインといっても、気をつけたいポイントがいくつかあります。

・高学年になっても違和感のないデザインか
・子どもの好みにあっているか
・地域ごとの流行デザインはどんなものか

ランドセルのデザインはどんどん多様化していってますが、その分自分で選びたいという意見を持つお子さんがいても、おかしくないでしょう。とはいっても、お子さんの好みは、6年間の中で変化していく可能性があります。

特に女の子のランドセルのデザインは、子どもっぽいものと大人っぽいものの差が激しく、小さいうちは好みであっても、高学年に差しかかると、「子どもっぽくて恥ずかしい! 」という、気持ちの変化も十分起こり得るでしょう。

だからといって、勝手に買ってきてしまうと、けんかの元になってしまうので、お子さんと話し合いながら、ランドセルのデザインを決めてください。

刺繍やバッジつきはおすすめしない

近ごろのランドセルは、刺繍や金具、バッジなどで、おしゃれなデザインに仕上げたものも見られるようになりましたが、これらはランドセルの耐久性の不安要素となるので、できれば避けましょう。

ランドセルの革の表面には防水加工が施されていますが、縫い目からの浸水を防ぐことはできません。そのため、縫い目の多い刺繍のランドセルは、劣化が早いと言えます。ほかにも、余分にある金具も剥げてしまうと、より見た目が悪くなってしまうので、耐久性に不安のあるオプションは、ない方が無難でしょう。

素材(革)

ランドセルの素材は、強度や軽量性などに影響します。使い込めば使い込むほど、革独特の風合いが生まれてくることもあるでしょう。また、男の子の場合だと、ランドセルを丁寧に扱わないこともあるため、頑丈なランドセルにすることをおすすめします。

革のグレード

ランドセルには、以下の 3種類の素材が使用されています。

人工皮革:価格は安いが耐久性に難あり。ただし、軽くて使いやすい。
牛革:値段は高いものの、耐久性は優秀。人工皮革より重い。
コードバン:最高品質の本革で、強度・高級感・手触り感に優れている。牛革より重い。

ただし、お子さんには、革の違いや風合いなどは感じにくいため、耐久性や製法、高級感などを総合的に考えて、どんなランドセルを買ってあげるべきか考えましょう。完全に本皮か人工皮革のどちらかではなく、両方のいいところをあわせたランドセルもあります。

背中が革になっている仕様のランドセル

素材は、背中に当たる部分にも気をつけましょう。特に男の子であれば、ランドセルを背負った状態で、アクティブに動くので、背中当ての通気性や吸湿性、フィット感を重視してください。背中に極小の穴を空けた仕様の人工皮革を使用しているランドセルもあります。

機能性(軽さ・サイズ・容量)

ランドセルはモノを持ち運ぶことが使用目的となるので、機能性も重視しなくてはなりません。その際、次のポイントに注意してください。

サイズで選ぶ

ランドセル選びでもっとも失敗しやすいのが、サイズ選びでしょう。たとえばA4サイズが収納できるといっても、「A4の紙」が収納できるのと、「A4用のファイル」が収納できるのとでは、サイズが異なってくるためです。

特にアウトレットの旧タイプだと、A4用紙が何とか入るレベルの規格になっていることが多いので、注意しましょう。

軽量性は大事?

素材の重さについても前述しましたが、お子さんの小さな体に重いものを背負わせたくない反面、丈夫さが欠けてもいけません。

しかしランドセルは、単純に重さだけでなく、構造によって実際の重さを感じにくくしているかも重要なのです。たとえば肩かけ部分に負荷がかかりにくい仕様になっていれば、本皮で重量があるランドセルでも、ある程度は軽く感じるでしょう。このようなタイプの商品は、実際に圧力分布測定をすると、肩の負担が20%軽減されたというものもあります。

保証(6年保証・交換)

ランドセルを6年間も使用するとなれば、何らかのタイミングで壊れてしまうのではないか、という心配があってもおかしくありません。しかし、サポートがしっかりしているランドセルメーカー(ブランド)では、小学校を卒業するまでの 6年間、自社で購入したランドセルの修理や交換などのサポートに応じています。

そのため、6年保証があることは前提となりますが、保証内容にも注意しましょう。たとえば、メーカーによって、故意に傷をつけた場合、保証されないこともあります。そうはいっても、ランドセルが傷ついたり壊れてしまっても、原因が判明しないケースがほとんどです。

そのため、選ぶなら、理由を問わず保証してくれるメーカーを選びましょう。中には、無償修理中にランドセルをレンタルしてくれたり、ランドセルが使い物にならなくなった場合は、無償交換してくれるケースもあります。

なお、6年間保証の証明として、日本鞄協会の「ランドセル認定書」を発行しているメーカー(ブランド)もあるので、この認定書が発行されているかもチェックしてください。

ランドセルの決め手となるポイントは、見た目も使い心地も大切ですが、ずっと品質が保証されているかどうかも、忘れてはなりません。6年間ずっと問題なく使い続けられるよう、いいものを手厚いサポートで提供しているメーカー(ブランド)を選びましょう。


・飽きないデザインで使用感がよく、長持ちする6年保証のランドセルを選ぼう!

まとめ


ランドセルがお店の棚に並んでいるのを見ると、パッと見のフィーリングで決めてしまいたくなってしまう方も多いかもしれませんが、実際調べてみると、即決するのは危ぶまれるのが、ランドセルの落とし穴でもあります。

メーカー(ブランド)ごとの、ランドセルのこだわりを比較して、お子さんにはどのランドセルがふさわしいか吟味し、ピーク時に備え、カタログを取り寄せたり、展示会に赴くなどして、ランドセルを下調べしておきましょう。

ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選の一覧表まとめ

イメージ
会社名池田屋フィットちゃんセイバン土屋鞄鞄工房山本
特徴①ハイブリッド構造で高性能なランドセルを開発衝撃を吸収するWクッション肩ベルトを採用体感重量を軽減した肩ベルトを実現長く愛せる上品な色を大切にしている生き物の恩恵に感謝して無駄なくランドセルを作る
特徴②シンプルなデザインでシールのアレンジも楽しめる傷みやすい部分を事前に補強型崩れしやすいマチ部分の耐久性を向上肩ベルトの付け根を手縫いで補強表も裏も繋ぎ合わせがない丈夫な肩ベルトを使用
特徴③池田屋背カンでどんな体系もジャストフィット安ピカッで60m先からも光が反射して見える安全機能のセパレート式フックを搭載皮の美しさを引き出す色のステッチを使用側面の上部に天然樹脂の芯材を採用して形を保つ
問い合わせ・カタログ請求チャット、専用フォーム、電話からチャット、専用フォーム、電話から専用フォーム、電話から専用フォーム、電話から専用フォーム、電話から
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

記事一覧

【詳細】 会社名:株式会社 生田 住所:大阪府大阪市生野区田島6-2-16 TEL:06-6757-6723 子どもが小学校に入学する家庭では、ランドセルを購入することが多いでしょう。6年間 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:有限会社 中村鞄製作所 住所:東京都足立区江北1-32-1 TEL:03-3899-5115 ランドセルは、子どもが学生生活を歩む第一歩となるきっかけのアイテムです。日本で ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:有限会社 黒川鞄 住所:富山県富山市総曲輪(そうがわ)三丁目6番15-8号 TEL:076-421-3679 黒川鞄工房は明治創業の歴史をもつ黒川鞄店の工房です。独自の工法 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:ナース鞄工(ホウコウ)株式会社 住所:東京都足立区梅島3-12-20 TEL:03-3887-8377 ランドセルを購入する時期が近づいてくると、口コミなどを入念に調べてど ・・・[続きを読む]
子どもが使うランドセルを保護者が選ぶ際には、軽さを重視して選びたいものです。低学年のうちはまだ体も小さいので、多くの荷物を背負って通学するのが保護者としては大変に感じてしまうでしょう。ランド ・・・[続きを読む]
一生に一度のランドセルは、できるだけ品質のよいものを選んで6年間使用してほしいと考えている方は多いでしょう。しかし市販されているランドセルは、さまざまなメーカー・ブランドより販売されており、 ・・・[続きを読む]
長い人生の中で、1つの鞄を6年間も使用し続ける期間は小学生の時だけでしょう。それほど高い耐久性を誇っているのがランドセルであり、世界でも日本でしか愛用されていない学童用品です。このアイテムは ・・・[続きを読む]
近年ではランドセルの色もバリエーションが増え、デザインやブランドの他に色も吟味する時代になりつつあります。従来では赤と黒の2色が主流でしたが、今はさまざまな色が登場しています。時代と共に選択 ・・・[続きを読む]
会社名:株式会社鞄工房山本 住所:(奈良本舎・奈良本店)奈良県橿原市南浦町899 TEL:0744-20-1771 近年ランドセルはさまざまなデザインのものが増えています。色も一昔前のように ・・・[続きを読む]
一昔前までは、小学1年生になる孫のために、おじいちゃんおばあちゃんが、入学祝にプレゼントしていました。しかし今では時代が変わりランドセルの色や種類も豊富で男の子は黒、女の子は赤という定番さえ ・・・[続きを読む]
会社名:株式会社 協和 住所:(本社)〒1010031 東京都千代田区東神田2-10-16 TEL:0120-415-991 時間:9時~17時(土日祝除く) ふわりぃは、子どもにもその保護 ・・・[続きを読む]
小学校に子どもが入学することになった場合は、ランドセルを用意する必要があります。ランドセルはいろいろなメーカーが販売しているので、一昔前よりもカラーや機能などのバリエーションが豊富になってい ・・・[続きを読む]
会社名:イオンリテール株式会社 住所:(本社)千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目5番地1 TEL:043-212-6500 (平日:9時30分~17時30分まで) 千葉県千葉市に本社を置く「イオン ・・・[続きを読む]
会社名:三起商行株式会社 住所:(本社)〒581-8505 大阪府八尾市若林町1-76-2 TEL:(代表)072-920-2111 時間:平日9:00~17:30(土日祝除く) ミキハウス ・・・[続きを読む]
近年は非常にさまざまなデザインのランドセルが販売されており、子どもの気に入ったデザインの物を選んであげたいと考えている親御さんは多いです。しかし6年間利用する上で奇抜なデザインは飽きてしまう ・・・[続きを読む]
6年間使うランドセルだからこそ壊れることなく丈夫で、できるだけよいものを買ってあげたいものです。安く買おうと思えばいくらでも費用は抑えられそうですが、安すぎるといじめられたりしないだろうか? ・・・[続きを読む]