【最新版】おすすめのランドセルメーカー(ブランド)厳選5選!高品質な工房系・大手メーカーまでをまとめて比較!

軽すぎるランドセルを選択した際に起こりうるリスクを解説!

公開日:2021/11/15


子供のランドセルを選ぶときに、軽さを重視している方も多いでしょう。軽ければ軽いほど良いと、重さだけで判断していませんか?実はランドセルを重さだけで判断すると、あるトラブルを招きやすくなるのです。今回は軽すぎるランドセルを選択した際に起こりうるリスクを解説していきます。

ランドセルの重さの平均とは?

そもそもランドセルはどのくらいの重さなのでしょうか?ランドセルの重さは平均で女の子用がおよそ1200グラム、男の子用がおよそ1100〜1200グラムと言われています。本皮が使用されている場合は、約1500グラムとなります。ランドセルの重さを比較してみると、思ったよりどの商品も軽いのです。どのメーカーも子供が背負いやすいように知識を振り絞って設計しているので、機能がたくさん付いているランドセルでも軽いものがたくさん誕生しています。およそ数百グラムしか変わりはないので、どのランドセルも比較的軽いことがわかりますね。

ランドセルの重さは重要ではない!その理由とは?

最近のランドセルはどのメーカーも、子供に負担がかからないようにできるだけ軽めの設計になっているので、そこまで重さにこだわる必要はありません。ここからはランドセルの重さはさほど重要ではない理由について解説していきます。

1つ目は体感で軽さを感じるかが重要だということ。ランドセルを背負ったときに軽く感じるかどうかが重要なポイントです。ランドセル自体の重さは他の商品と比べて軽かったとしても、体にフィットしていなければ重く感じることもあります。体にフィットしているランドセルであれば、軽めのランドセルより少し重量があったとしても、体全体で負担を分散させられるので体感的には軽く感じるのです。

2つ目は100グラム程度の差はあまり大したことはないということです。数字で見ると大きな差に感じるかもしれませんが、背負ってみるとその差はごくわずか。手で持って比べてみたら少しさは感じるかもしれませんが、背負っているときの体感ではあまり差を感じにくいものです。さらに子供の体にフィットするように設計されているランドセルであれば、手に持った時に重さを感じても、背負ったときはフィットするランドセルの方が軽く感じることもあるでしょう。

3つ目は軽いランドセルは必ずしも高性能ではないことです。軽さを第一に考えられたランドセルには、重さが出るような性能や機能は備えられていないものもあります。いくら軽かったとしても、使用感が悪ければ子供のためにはなりませんよね。つまり、ランドセルを選ぶ際は軽さだけでなく、子供の体にフィットして背負いやすいかが重要なポイントとなるのです。また、機能性にも注目してみましょう。最近のランドセルにはたくさんの性能や機能が付いているので、より子供への負担を軽くできますよ。

軽すぎるランドセルを選択した際に起こりうるリスク!

最後に、軽すぎるランドセルを選択した際に起こりうるリスクについてまとめておきます。

1つ目は壊れやすいこと。軽さを意識したランドセルの中には、留め具が軽量化されていたり、生地が薄く設計されていたりするものもあります。どの素材も軽量化されているランドセルだと、壊れやすい恐れがあるのです。子供はランドセルを投げたり、上に座ったりしてしまうもの。雑に扱うことも多いので、ランドセルには大きな負担がかかります。軽すぎるランドセルはその負担に耐えきれず、すぐに壊れてしまうのですね。

2つ目は傷に弱いことです。合皮はもともと軽い素材なのですが、特別軽い合皮の素材には傷つきやすい特徴があります。少しこすったり爪で引っ掻いたりするだけでも傷がついてしまうので、すぐにボロボロになってしまうことも…。さらに一度傷ができると消えにくいので、汚くボロボロなイメージになってしまうのです。耐久性が低く、もしかしたら小学校に通っている間にもう一度ランドセルを買わなければいけないこともあるかもしれません。ランドセルを2度も買うとなると費用が重なってしまいますし、家計にも響きますよね。

子供がランドセルを乱暴に扱うことも考えて、ある程度耐久性があるものを選ぶ必要があります。子供の負担を少なくしたいからと、軽さだけでランドセルを選ぶのはやめておきましょう。

 

今回は子供のランドセルを選ぶ際は、重さだけで選ぶべきではないということをまとめていきました。あまりにも軽すぎるランドセルだと使い勝手が悪かったり、耐久性がなくてすぐに壊れたりすることもあるかもしれません。ランドセルを選ぶ際は、本当に子供が使いやすいものかどうかを判断した上で購入する必要があります。ランドセルを選ぶ際は子供と一緒に見てみると良いでしょう。子供はデザインや色だけで選ぶかもしれませんが、実際に背負った感覚を教えてもらえるので、本当に子供に合ったランドセルが選べるでしょう。最近では軽量化した上で機能性が優れているランドセルが多いので、子供と一緒にぴったりなものを選んでみてくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索
ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選
記事一覧

ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選!

イメージ
会社名池田屋フィットちゃんセイバン土屋鞄鞄工房山本
特徴①壊れた理由は問わない無料の修理保証あり!製造本数No.1! ランドセルメーカーの大手小児科医100名のうち98人が推奨!下町の職人たちが仕上げる本物のランドセル!コンクールで多数の受賞歴ありの老舗工房!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく