【最新版】おすすめのランドセルメーカー(ブランド)厳選5選!高品質な工房系・大手メーカーまでをまとめて比較!

ランドセルの置き場所はこれで解決!収納方法を紹介します

公開日:2021/08/15


小学校に入学した子どもが小さい体に大きなランドセルを背負って学校に通う姿を見ると、我が子の成長に胸を熱くする親御さんも多いのではないでしょうか。けれど帰ってきて床にランドセルを放り投げてしまうと、一気に部屋が散らかってついイライラすることも。そこで今回は、置き場所に困るランドセルをスッキリ収納するアイデアを紹介します。

カラーボックスを使って収納

比較的安価で手に入れやすい収納グッズの定番のカラーボックスは、1段のサイズでランドセル1個がスッポリと入る設定のものが多く、ランドセル収納に適しています。カラー展開も豊富なので、お部屋の雰囲気に合わせて選べるのも嬉しいですね。カラーボックスは同じものをいくつか購入して並べるだけで、お手軽に統一感のある収納棚に早変わりします。

文房具や教科書を一緒に収納したら、お子さんの身の回りの準備やお片付けが1か所ですべてできるようになり、自立する練習に役立つかもしれません。兄弟が2人以上いるご家庭は、ランドセルを並べてお片付けできるので、お部屋が見栄えよくスッキリして見えるでしょう。DIYが得意な人は、カラーボックスにちょっと手を加えて扉をつけてみたら、中身を隠せるのでリビング学習に最適です。

他にもカラーボックスと突っ張り棒を使って子どもが自分で制服を掛けられるようになるミニクローゼットを作ったりと、アイデア次第でさまざまな使い方ができるのもカラーボックスの魅力かもしれません。

カゴを使って収納

とくに低学年の頃は、ランドセルは大きくて重たく、自分の目線より高い場所に片づけるのは難しいです。そんな時はカゴにランドセルを入れて足元に収納するのはいかがでしょうか。カゴは色も形もさまざまです。お部屋のインテリアに馴染むようなものを選択すれば、ランドセルをおしゃれに収納できそうですよね。大きなカゴの中に小さいカゴを入れ、小さいカゴにハンカチやティッシュなど細々したものをいれておき、残りの大きいスペースにランドセルを入れたら、登校前の忘れ物防止にも役立ちそうです。

家にある棚を上手に使って収納

ランドセルのためだけに新たな収納棚を買うのは費用もかかりますし、その収納棚を置くスペースをわざわざ確保しなくてはいけません。そういう時は、自宅にある棚を利用してランドセル置き場を作ってみてはいかがでしょうか?

もともと自宅にある棚を使って100均で売っているワイヤーラックや結束バンドを使えば、仕切りの少ない棚でもリーズナブルに仕切りを作ることができ、自由度も上がりそうです。たとえば上の段を大きく取ってランドセルを収納し、下の段には体操服袋や書道セットを入れたり、ランドセルの横に教科ごとに分けて教科書をしまえる場所を作って忘れ物を減らす工夫をしたりと、お子様の性格や使い勝手によって自由自在に作れるのが、自宅にある棚を活用する利点かもしれません。

リビングでの収納方法

最近ではリビング学習を行う家庭も増え、リビングにランドセルが置きっぱなしになってしまうこともあるのではないでしょうか。そういう時は、リビングにランドセルの収納場所を作ってしまう方法もあります。

たとえばすのこをランドセルの大きさに合わせてカットし、コの字型の箱を作って簡易的なランドセル置き場にするのは、DIY初心者でも簡単にできそうです。他にも既存のランドセルラックに色を塗ったりアンティークフックを付けたりすれば、インテリアとしてリビングに置いても違和感がありません。簡単なDIYなので、お子様と一緒に楽しみながら作れそうですね。

玄関・廊下での収納方法

学校から帰ったら早くお友達と遊びたくて、玄関にポイッとランドセルを放り出して外に遊びに出てしまう元気いっぱいのお子様もいることでしょう。そんな活発なお子様にピッタリなのが、玄関や廊下に収納スペースを作ってしまう方法です。先ほどご紹介したカラーボックスを玄関に置くだけでできるので、非常にリーズナブルで簡単にできます。

帰ったらすぐに上の段にはランドセル、下の段には書道セットや絵の具セットなどその日の持ち物を入れるなどルールを決めれば、持ち物がばらばらに放り出されることもなくなり親御さんのイライラも軽減しそうですね。重たいランドセルを背負って帰ってくる子どもたちは、家に着いたらすぐにランドセルを下ろしたくなるのかもしれません。玄関のそばにランドセルの収納スペースがあるだけで、お子様の意識が変わってくるかもしれませんね。

お子様が帰ってきたらリビングにポイッと投げ出されるランドセルにお悩みの方も多いことでしょう。ご家庭に合った収納方法が見つかれば、イライラしてつい怒っちゃった、ということも少なくなるかもしれません。ご紹介した方法を参考に、お子様と話し合って一緒に自分から片づけたくなるようなランドセルの収納スペースを作ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索
ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選

ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選!

イメージ
会社名池田屋フィットちゃんセイバン土屋鞄鞄工房山本
特徴①壊れた理由は問わない無料の修理保証あり!製造本数No.1! ランドセルメーカーの大手小児科医100名のうち98人が推奨!下町の職人たちが仕上げる本物のランドセル!コンクールで多数の受賞歴ありの老舗工房!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく