【最新版】おすすめのランドセルメーカー(ブランド)厳選5選!高品質な工房系・大手メーカーまでをまとめて比較!

ランドセル工房生田の口コミや評判

公開日:2021/04/15

【詳細】
会社名:株式会社 生田
住所:大阪府大阪市生野区田島6-2-16
TEL:06-6757-6723

子どもが小学校に入学する家庭では、ランドセルを購入することが多いでしょう。6年間使用するものなので、丈夫で使いやすいものを選びたいものです。そのような方におすすめなのが、ランドセル工房生田のランドセルです。熟練した職人が1つ1つ手作りで製作しており、口コミでも質がよいと評判になっています。ランドセル工房生田について紹介します。

上質な本革にこだわったランドセル

ランドセル工房生田では、本革にこだわってランドセルを作っています。現在流通しているランドセルの素材はほとんどが人工皮革で、特殊な合成繊維を絡み合わせた不織布がベースになっています。それに対して、本革には牛革が使われており、年月が経つほどに質感がよくなるのが魅力です。高学年になる頃には、使った分だけ革が馴染み味わい深くなります。口コミなどでも、本革は一味違うと評判です。色褪せしにくいのも魅力で、耐久力をアップするために表面加工が施されています。

ランドセル工房生田には、コードバンと呼ばれる馬のお尻の皮を使った素材もあります。革のダイヤモンドと呼ばれることもある貴重な素材で、1頭につきランドセルのフタの部分2枚分しかとることができません。最高級の素材で独特のしなりがあり、使い込んでいくほどツヤが出てきます。強度が高く、シワになりにくいというメリットがあり、触れると滑らかな手触りを実感できるでしょう。

コードバンは主にランドセルのフタの部分に使用します。また、肩や背中といった子どもの肌に直接触れる部分には、ソフト牛革が用いられるようです。天然素材の革には小さな毛穴が多数空いているので、この穴から水分が蒸発します。汗をかいても発散しやすいので、蒸れを防ぐ効果があるようです。牛革やコードバンは本来水に弱いのですが、撥水加工を施してあるので手入れも簡単に行えます。

職人の手仕事による丁寧なランドセル作りが魅力

ランドセル工房生田のランドセルの特徴は、品のよさが感じられるデザインにあります。オーダーメイドで製作することもでき、生田オリジナルのスペシャルブランドも用意されているのです。たとえばボルサ・フォルテは、手入れがしやすく傷が目立ちにくいボルサ革を使ったランドセルです。ボルサ革をフタの部分とサイドに使用しており、アクセントがきいたデザインになっています。スタイリッシュで、紳士のような落ち着いた雰囲気を味わえるでしょう。

スペシャルブランドの1つであるペンタスは、品のよいカジュアルさが魅力です。3色の配色にこだわっていて、ラフな雰囲気がありつつ品のよさもあります。一般的な鞄やリュックサックにも近く、口コミでは遊び心が感じられるデザインだと評判です。

さらに革の裁断面を滑らかに美しく仕上げる「コバ塗り」のランドセルもあります。大量生産ができない逸品で、職人ならではの技術を駆使して仕上げられている点が特徴です。ランドセル工房生田にはコバ塗り専門の職人が在籍しており、手仕事ならではのクオリティの高いランドセルを製作できます。

また、本革にこだわってきたランドセル工房生田ですが、本革のような手触りと滑らかさを持つ人工皮革を使ったシックスカラーランドセルも製作しているようです。革を知り尽くした生田が厳選した人工皮革は、本革に近い独特の風合いがある素材だといえるでしょう。

使い勝手のよい工夫が満載で扱いやすい

ランドセル工房生田では、機能にもこだわってランドセル作りを行っています。毎日使うものだからこそ、背負いやすく快適に過ごせる工夫が随所に施されました

まず、肩ベルトには2種類あり、子どもの体に合わせて選べるようになっています。1枚の長い本革を使った肩ベルトなので、つなぎ目がなく丈夫です。教科書を出し入れするマチの部分には2重のステッチが施されていて、しっかりと補強しつつ職人の手によって美しく仕上げてあります。型崩れを防ぐためのストロング加工も施されており、強度を高めているようです。

また、鍵の部分にはワンタッチで開閉できるオートロックが採用されているので、手先があまり器用ではない低学年の子どもでも簡単に扱えるでしょう。側面部分にはしっかりとした芯材を使用しているので、6年間使用してもほとんど型崩れすることはありません。6年間で子どもは大きく成長しますが、ランドセル工房生田では成長を見越して肩ベルトが左右に広がる設計になっています。

背カンが左右別々にスライドするようになっているので、体の動きに合わせて自動的に肩ベルトが広がるようです。ポケットの内側にフックを取り付けられるようになっていて、自宅の鍵などをかけておくのにも便利でしょう。ランドセルの側面のフックだとなくしてしまう心配がありますが、ポケットの内側であればなくす心配がなく取り出しやすい設計です。

 

ランドセル工房生田では、本革にこだわったランドセルを製作しています。上質な本革や希少性の高いコードバン、本革と変わらない滑らかな質感を持つ生田オリジナルの人工皮革などです。品のよいデザインが多く、子どもが使いやすい工夫が随所に施されています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選
記事一覧

ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選!

イメージ
会社名池田屋フィットちゃんセイバン土屋鞄鞄工房山本
特徴①壊れた理由は問わない無料の修理保証あり!製造本数No.1! ランドセルメーカーの大手小児科医100名のうち98人が推奨!下町の職人たちが仕上げる本物のランドセル!コンクールで多数の受賞歴ありの老舗工房!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく