【最新版】おすすめのランドセルメーカー(ブランド)厳選5選!高品質な工房系・大手メーカーまでをまとめて比較!

黒川鞄工房の口コミや評判

公開日:2021/03/15

【詳細】
会社名:有限会社 黒川鞄
住所:富山県富山市総曲輪(そうがわ)三丁目6番15-8号
TEL:076-421-3679

黒川鞄工房は明治創業の歴史をもつ黒川鞄店の工房です。独自の工法を駆使して世界に誇れるオリジナル商品を開発、提案しており、ランドセルもその1つでしょう。口コミでも評判で、ランドセルを購入したいという人が多いブランドとして知られています。ここでは黒川鞄工房のランドセルの特徴や機能について紹介するので参考にしてください。

黒川鞄工房ランドセルの特徴とこだわり

黒川鞄工房は歴史ある鞄店の専門工房です。独自の企画で最良の素材を世界から集め、機能的なデザインの鞄を提案し続けており、こだわりが詰まったランドセルもその1つです。

ランドセルのデザインはあまり変わらないようですが、実際は時代のニーズにともない大きく変化しています。教材の大型化や副教材の多量化、それにともなう収納力のアップと子どもの体への負担が問題視されています。しかし、黒川鞄工房では機能性はもちろん、審美面や耐久性にこだわって商品作りに向き合っています。

黒川鞄工房で作られるランドセルの特徴は、良質な素材の使用、機能性の追求、熟練職人による手作りの3つです。かぶせの素材はコードバンと牛革、人工皮革の3種類を採用、機能面では細部の作りや材質にこだわることで大幅な軽量化に成功しています。肩ベルトを立ち上げることで姿勢よく背負えるように改良し、職人の手作りによる部位ごとの適切なテンションやステッチもこだわりの1つです。素材の材質に応じて使い分ける糸や縫い幅、一針ごとに糸締めされた縫い目はどれも強く美しく風合いがあります。

また、独自の取り組みとしてリメイクも行っています。6年間使ったものをミニランドセルやペンケースなどにリメイクすることで、記念品としてだけでなく、物を大切にする心を子どもに伝えられるでしょう。

黒川鞄工房のランドセルの種類と価格

黒川鞄工房のランドセルは、かぶせに使用される素材やその割合によってシリーズにわかれます。最も高価な素材がコードバンで、皮革のダイヤの異名にふさわしく堅牢で美しい逸品です。キメが細かく耐久性があり、艶やかな表面と美しい風合いが魅力といわれています。また、希少性だけでなく表面加工に技術が必要なことから価格も高くなりがちです。価格帯は税込み107,800~217,800円で、カラーバリエーションも豊富です。

牛革は古くから活用されている素材で革製品の定番とされています。使用されるのは生後2年以上を経たオス牛の革で、吸湿性や通気性がよく体にも馴染みやすいのが特徴です。表面加工の仕方でシリーズがわかれ、価格帯は税込み74,800~85,800円、色もラベンダーやキャメルなど豊富にあります。

人工皮革はクラリーノを採用しており、特殊な合成繊維を絡み合わせて作られた素材で、軽くて耐久性に優れているのが特徴です。天然皮革のように年月の経過で風合いが増すことはありませんが、長く新品のような光沢を保ちます。価格帯は税込み63,800円でカラーバリエーションも豊富です。

素材によって価格が異なることがわかりましたが、デザインはどれも大きな違いはありません。どの商品もシックで落ち着いていますが、カラーバリエーションは比較的豊富だといえます。とくにコードバン仕様で豊富なカラーバリエーションは珍しく、仕入れから製造、販売までを一貫しているからできることでしょう。

黒川鞄工房ランドセルの口コミと評判

黒川鞄工房のランドセルの特徴として、大手メーカーにはないこだわりがある、手作業なので販売数が少ない、直営店でしか購入できない点などがあげられます。販売数が上限に達すると購入できないことになります。工房系を考えているけど悩んでいるという場合は、内覧期間や店舗の場所を早めにチェックすることが大切です。

黒川鞄工房の口コミでの評判としては、1つずつ手作りなので他の子どもとかぶることがなくてよかった、カジュアルでキラキラしたデザインが多いなか、シックで上質なランドセルだと感じたという声が聞かれます。作りがしっかりしている、天然皮革の香りが本物を感じさせるといった声もあり、口コミの評判は高いようです。

収納力に関するコメントもあり、A4ファイルを折らずに収納できる、思ったより収納できるので高学年になっても使用できそうという意見もあります。機能面に関するコメントもあり、肩ベルトが立ち上がっているので重さを感じにくい、内覧会で試しに上から強く押したけどヘコミが少なくて丈夫そうなど評判はよいようです。

ただし、完売が早くて手に入らなかった、地方なので実物をチェックできない、追加生産していないとの声もあり、購入できなくて残念な思いをした人もいるようです。4月に販売を開始するのが通例のようですが、早々に売り切れたり早くに品薄になったりすることもあるので、気になるシリーズや少量生産のものは早めの決断が大切です。

 

黒川鞄工房のランドセルは、機能性はもちろん素材や手業など細部にこだわった逸品だといえます。ランドセルを選ぶときは子どもの体格や通学距離、好みなどさまざまな視点が必要ですが、6年間子どもに寄り添い時間を共有する大切な存在でもあるでしょう。ここで紹介したことを参考にして子どもに合うものを選んでください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選

ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選!

イメージ
会社名池田屋フィットちゃんセイバン土屋鞄鞄工房山本
特徴①壊れた理由は問わない無料の修理保証あり!製造本数No.1! ランドセルメーカーの大手小児科医100名のうち98人が推奨!下町の職人たちが仕上げる本物のランドセル!コンクールで多数の受賞歴ありの老舗工房!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく