【最新版】おすすめのランドセルメーカー(ブランド)厳選5選!高品質な工房系・大手メーカーまでをまとめて比較!

軽いと評判のおすすめランドセルメーカー・ブランド3選!

公開日:2021/03/01

子どもが使うランドセルを保護者が選ぶ際には、軽さを重視して選びたいものです。低学年のうちはまだ体も小さいので、多くの荷物を背負って通学するのが保護者としては大変に感じてしまうでしょう。ランドセルメーカーは数多くあり、それぞれ特色が異なります。さまざまなメーカーの中から、軽いと評判のランドセルメーカーを紹介します。

池田屋

【詳細】
会社名:株式会社 池田屋
住所:静岡県静岡市葵区呉服町1-30 札の辻クロス 103
TEL:0120-15-8983

池田家では、軽さと丈夫さを兼ね備えた使いやすいランドセルを製作しています。使われる素材には牛革と人工皮革がありますが、牛皮は丈夫だけれど重く、人工皮革は軽くて水に強いけれど耐久性が弱いという特性があります。池田屋では、牛革と人工皮革のメリットをミックスしたハイブリッド構造のランドセルを作っているのです。パーツごとに適した素材選びをしているので、軽くて丈夫なランドセルに仕上がります。

軽く感じる工夫も多数施されており、素材やパーツに徹底的なこだわりが感じられるでしょう。まず肩ベルトの表側には、フィット感と強度に優れた牛革素材を使用しています。それから肩ベルトのフィット感をサポートするのが背カンで、上下左右に自在に動く背カンが使われているのです。どんな体型の子どもにもフィットするのが特徴です。

池田屋では、ベルトにも出っ張りの少ないすっきりした設計のギボシベルトを採用しています。わき腹や肘にバックルが当たるのを防ぐことができる池田屋独自の仕様です。背中のクッションもステッチを入れないナチュラル仕様で、背中の丸みに合わせて違和感なくフィットしてくれます。

池田屋のランドセルは、機能を追求した飽きのこないシンプルなデザインも魅力です。カラーバリエーションも落ち着いたものが多く、高学年になってからもシックで上品な風合いが喜ばれます。

鞄工房山本

【詳細】
会社名:株式会社鞄工房山本
住所[奈良本舎・奈良本店]:奈良県橿原市南浦町899
TEL:0744-20-1771

鞄工房山本は奈良県にある工房で、ランドセルを作り続けて50年という長い歴史を持つ老舗メーカーです。一貫製造体制を貫き続けており、革の型入れから裁断・縫製・仕上げまですべての工程を職人が行っています。鞄工房山本のランドセルには、体感重量が軽くなる設計が施されているようです。

肩ベルトの取りつけ位置が背板部分の上部よりもさらに上にくる設定になっており、重心が上部になります。すると、重心が下にある時よりも軽く感じられるのです。また、背中部分には深い凹凸があり、背中に優しくフィットします。硬さの異なる2種類のウレタンフォームで凹凸を作り、二層構造にしてあるようです。高密度で弾力のあるウレタンが衝撃を吸収し、成長段階の子どもの腰や背中を守って負担を軽くしてくれます。

鞄工房山本のランドセルでは、金具にも軽量タイプの金具を使用するなど軽さと背負いやすさを大切にしているのです。肩ベルトも一般的には素材をつなぎ合わせて作ることが多いですが、鞄工房山本では表も裏もつなぎ合わせることのない肩ベルトになります。小さな肩でもズレにくく、負荷の少ない理想的なラインとなっているのです。

調整穴も8つあるので、高学年になって体が大きくなってもぴったりフィットします。肩ベルトの取り付け金具である背カンも、左右それぞれが独立して横方向にスライドする設計です。前後にも動く背カンなので、冬に上着を着て背負う場合にも窮屈さを感じません。

ふわりぃ

【詳細】
会社名:株式会社 協和
住所[本社]:東京都千代田区東神田2-10-16
TEL:0120-415-991

ふわりぃは子ども第一主義を掲げ、背負いやすさにこだわったランドセルを製造しています。素材にはクラリーノを使用しており、素材自体が非常に軽いのが特徴です。耐久性にも優れているので、6年間使い続けられるでしょう。水に強い素材でもあり、手入れも簡単に行えます。

さらに、ふわりぃでは、特殊製法によるフチなしのコンパクトな設計を実現しているのです。背中のフチの部分をカットしており、その分腰への負担が軽減されました。従来品に比べると約50gの軽量化を実現しています。軽いランドセルながらA4フラットファイルが入る大容量サイズになり、楽に背負えるチェストベルトもあります。チェストベルトを使うと体に密着させられますし、ランドセルを持ち上げる効果も期待できるでしょう。重心も体に近づけられるので、楽に背負うことができるのが魅力です。

さらに、ふわりぃの背カンは、ランドセルと背中の間にすき間ができにくくしてくれます。隙間があると重さを感じやすくなるので、背中にぴったりフィットすることが大切です。肩ひもには4種類の形があり、衝撃吸収性に優れた素材を使っているものもあります。衝撃を吸収することで、肩にかかる衝撃を軽減させることができるでしょう。その他にも、柔らかいクッションで子どもの肩をソフトに支えるスタンダードタイプやズレ防止を追求したハイクッションのモデルもあります。

 

軽くて丈夫なランドセルを作っているメーカーには、池田屋・鞄工房山本・ふわりぃがあります。軽く耐久性に優れた素材を使用しているのはもちろん、体感の重量を軽減する工夫がされています。体にフィットして重心を上に持ってくることで、軽く感じられるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選
記事一覧

ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選!

イメージ
会社名池田屋フィットちゃんセイバン土屋鞄鞄工房山本
特徴①壊れた理由は問わない無料の修理保証あり!製造本数No.1! ランドセルメーカーの大手小児科医100名のうち98人が推奨!下町の職人たちが仕上げる本物のランドセル!コンクールで多数の受賞歴ありの老舗工房!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく