【最新版】おすすめのランドセルメーカー(ブランド)厳選5選!高品質な工房系・大手メーカーまでをまとめて比較!

おすすめの高級ランドセルメーカー・ブランド3選!

公開日:2021/03/01

一生に一度のランドセルは、できるだけ品質のよいものを選んで6年間使用してほしいと考えている方は多いでしょう。しかし市販されているランドセルは、さまざまなメーカー・ブランドより販売されており、どのメーカーのものを選べばいいのか、特徴を調べてから購入したいものです。おすすめの高級ランドセルメーカー・ブランド3選をご紹介します。

池田屋

【詳細】
会社名:株式会社 池田屋
住所:静岡県静岡市葵区呉服町1-30 札の辻クロス 103
TEL:0120-15-8983

池田屋は1950年創業の60年以上の歴史を持つ老舗の鞄専門店であり、取り扱いしているランドセルは機能性にこだわったシンプルなデザインが特徴の1つです。刺繍や奇抜なカラーの商品が増えている中で、池田屋では昔ながらの製法でランドセルを作っています。池田屋のランドセルを選ぶメリットは複数あり、機能性が抜群であることから子どもでも使いやすく、サイズも大きいので荷物がしっかり入ります。

使いやすさの最大の理由はランドセルの大きさにあり、池田屋のランドセルはポケット部分が大きく作られているので、中にプリント類がきちんと収納できます。使用しない時は伸縮させてコンパクトにできる小マチ部分は、荷物を入れたい時に最大4.5センチまで広がる機能性です。

他のメーカーの商品によってはA4フラットファイルが入らないものも多いようですが、池田屋の商品なら横幅が23.0センチなので余裕をもって入れられるでしょう。小学生は普段から多くの荷物を持ち歩きしていますが、池田屋のランドセルならすべての荷物を収納した上で、両手を空けて安全に登下校できると、多くの利用者に支持されています

また耐久性にもこだわっており、独自のフレーム構造と変形防止板を利用することで、乱暴に扱ったとしても6年間変形する心配がなく、きれいな状態を保ちやすく製作されているのです。フレームを入れると縫いにくくなり手間がかかりますが、この点から池田屋のこだわりを感じることができます。

土屋鞄

【詳細】
会社名:株式会社 土屋鞄製造所
住所:東京都足立区西新井7-15-5
TEL:0120-907-647

土屋鞄は1965年から50年以上ランドセルを作っている老舗の鞄専門店です。取り扱いしているランドセルの特徴は、使用している素材はすべて上質なものを選んでいることにあり、洗練されたデザインが美しいと高い評価を受けています。

このブランドを選んでいる方の多くは、上質な革を使用している高級感やデザインを評価しているようです。ネット販売の普及とテレビで取り上げられたことがきっかけとして、人気が瞬く間に広がり今では人気商品は発売後すぐに売り切れてしまいます。土屋鞄のランドセルを選ぶメリットは、高品質へのこだわりと豊富なバリエーション、洗練されたデザイン、A4フラットファイルが入る容量の大きさが挙げられます

土屋鞄の代名詞ともいわれている高品質へのこだわりですが、とくに使用する素材である動物の天然革は虫刺されや傷の痕、シワが残りやすいのですが、そういった革の傷やシワは職人が1つ1つ確認した上で、状態のよい部分のみを使用しています。そして、一般的な縫製方法として利用されるミシンとは異なり、職人による手縫いを採用しているようです。

ミシンは力が均一になりやすいのに対して、手縫いはしっかり縫いたい部分をより強く締めるなどの調整が行えるため、摩擦が多く壊れやすい肩ベルトなどは補強するためにも手縫いで仕上げています。取り扱いしているランドセルは、11のモデルと2~12色のカラーバリエーションといった種類の豊富さがメリットの1つで、シンプルかつ上品なデザインで人気が高いようです。

鞄工房山本

【詳細】
会社名:株式会社鞄工房山本
住所[奈良本舎・奈良本店]:奈良県橿原市南浦町899
TEL:0744-20-1771

鞄工房山本は1949年創業の60年以上の歴史を持つ鞄専門店です。老舗の確かな技術による頑丈な作りや、素材やデザインにもこだわり抜いたランドセルを扱っているにもかかわらず、価格帯は比較的安いことでも多くの方に選ばれています。その人気の高さは、2016~2017年は2年連続でネット販売開始からわずか数分で完売商品が出るほどです。

鞄工房山本で販売されている商品の特徴には、徹底した丈夫さへのこだわりや牛革を使用しているのに価格が安い、シンプルで飽きのこないデザイン、豊富なカラーバリエーションが挙げられます。

まず徹底した丈夫さへのこだわりという部分ですが、鞄工房山本では小学校6年間使うことを意識してとくに丈夫さにこだわっています。そのこだわりの1つとして、肩ベルト部分は通常革を途中でつなぎ合わせたものを使うことが多いのに対して、鞄工房山本は表革と裏革も1枚の長い革を使用しています。そのためつなぎ目がなく、充分な補強で丈夫な使い心地です。

キザミとは菊寄せと呼ばれる伝統技法であり、傷つきやすい角部分を丈夫にする効果を持っています。鞄工房山本ではランドセル制作の手間を惜しまずに、このキザミ部分である均等な9つの細かなヒダを作ることにこだわっているのです。さらに、ランドセルの側面には補強素材を入れ、壊れやすいベルトの付け根部分は手縫いで仕上げるなど入念な補強も大きなメリットでしょう。

 

6年間使うことになるランドセルは、できるだけ使いやすく高品質なものを選ぶ必要があります。そこでおすすめの高級ランドセルメーカー・ブランドをチェックして、それぞれの特徴やよさなどをしっかり比較した上で、子どもに合う商品を選びましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選

ランドセルメーカー(ブランド)おすすめ5選!

イメージ
会社名池田屋フィットちゃんセイバン土屋鞄鞄工房山本
特徴①壊れた理由は問わない無料の修理保証あり!製造本数No.1! ランドセルメーカーの大手小児科医100名のうち98人が推奨!下町の職人たちが仕上げる本物のランドセル!コンクールで多数の受賞歴ありの老舗工房!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく